トレイルランニング

第6回多良の森トレイルランニングに出場してきた

2021年4月11日に開催された第6回多良の森トレイルランニングに行ってきました。例年は修験者コースにエントリーしていましたが、今回はフォレストコースです。

UTMF2021前の最後の調整(携行品や装備のチェック)と考えてエントリーしていたのですが、残念ながらUTMFは中止になってしまったので、ファンランでマイペースで行くことにしました。

当日受付まで

例年は修験者コースに出場しているので、朝6時前には会場に到着し、スタート地点すぐ横の駐車場に車を止めていたのですが、今回は会場に到着したのが遅かったため、1kmくらい離れた駐車場に案内されました。

受付して参加賞を車まで持って帰るのに往復30分。車に戻るのが面倒だったので、参加賞の全てをザックに入れて出場することにしました。ゼリーが意外とかさばって重い。なお、レース後、参加賞のラスクと麻花兒(マファール、通称よりより)は見事に粉砕されていました(汗)

当然ですけど、参加賞を持ってレースに出るということは避けた方がいいですね。

会場の様子

物販もそこそこ揃っています。グローバルスポーツからの出店。トレラングッズに力が入っている模様。

長崎のグローバルスポーツはおすすめ

スタート・ゴール地点の広場です。フォレストコースのゴール時刻は、ちょうどお昼頃になります。当日は晴れていたので気持ちいいですね。

スタート/ゴール地点

コース概要(フォレストコース)

距離:約19km
累積標高:約1,460m
制限時間:5時間

個人的なコースの印象は以下の通りです。

  • スタート地点~郡岳~遠目越~春日越まで:特になんてこともない登山道という感じ。
  • 春日越~エイドまで:春日越からは沢沿いに下っていきます。ガレ場です。
  • エイド~遠目越まで:急坂。遠目越までくればもう厳しい登りはありません。
  • 遠目越~郡岳~ゴールまで:遠目越から100mくらい登れば、後は下りだけです。郡岳からゴールまでは走り通せます。

※レース中の写真を撮るのはすっかり忘れていたのでありません。

フォレストコースの春日越~エイド、なかなかのガレ場でした。他の選手はあっという間に行ってしまうんですが、皆さん足首とか足裏とか大丈夫なんでしょうか。といつも思います。自分が弱すぎるだけなのか。

今回の大会ではないですが、以前の大会で郡岳からゴールの区間でちんたら下っていたところ、大会スタッフの方にとんでもない速度で追い抜かれたんですが、下りのトレイルでしっかり走れる人って、頭のネジが飛んでいるとしか思えないですね(誉め言葉)

今回は元気が残っていたので、真似して飛ばして走ってみたら、危うくコースを外れて転落するところでした。身の丈に合った走りをしましょう。

レース結果

3時間30分弱。初めてのフォレストコースだから、実力通りの結果なのかが分からない。

感想

UTMF中止からトレランの練習は一切行っていない中で、いきなりの登山。当然ですが登りで全く体が動かない。あっという間に筋肉が売り切れてしまいましたが、とにかくテンポよく足を動かすことを意識すれば、意外と登り切れちゃいますね。

あまり意識していなかったのですが、郡岳からゴールまでの区間はノンストップでした。気持ちよく走れたし、久しぶりにいいトレーニングになったと思います。

これまでは修験者コースしか走ったことがなかったのですが、フォレストコースも距離もほどほどでいい感じでした。修験者コースは本当につらいイメージしかないので、来年もフォレストコースかな。

created by Rinker
¥1,510 (2024/04/17 15:46:34時点 楽天市場調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA